解析エンジニアの自動化 blog

コツコツと自動化した方法を残す blog

乱数の作り方




こんにちは。
仕事の自動化にやりがいと達成感を感じるガッくんです。



さぁ〜て!!この記事の目次は!?




目的


今回は Excel の数式で乱数の作り方についてまとめておきます。




数式

基本

0以上1未満の乱数
= RAND()

基本的な使い方

0以上5以下の乱数
= INT(RAND()*6)

0以上n-1以下の乱数
= INT(RAND()*n)

1以上6以下の乱数
= INT(RAND()*6)+1

1以上n以下の乱数
= INT(RAND()*n)+1

応用的な使い方

a以上b未満の乱数
= INT(RAND()*(b-a)+a)

a以上b以下の乱数
= INT(RAND()*(b-a+1)+a)

A±B
= A+B*(RAND()-0.5)

複雑な使い方

1〜30で15だけ出現率2倍
= IF(INT(RAND()*31)=0,15,INT(RAND()*30+1))




コメント

乱数はモンテカルロシミュレーションなどに使われていることで有名だと思います。 エクセルのフォーマットを作成する時や確率の確認に重宝しています。 覚えといて損のない数式です。




以上